初恋の男性との復縁してよかった。諦めなければ復縁できる

初恋の男性との復縁してよかった。諦めなければ復縁できる

私は、子供のころに両親がケンカばかりしている中で育ちました。

 

私の父親は、ちいさいながらも会社を経営していました。その仕事を手伝うのがいやだと言う母親は、来る日も来る日も、いつも新聞の求人欄を見ている有様でした。

 

しかも、母親は私と違い、お酒が好きな人でした。近所の人と飲みに行き、明け方まで帰宅しないようなこともありました。
こんな状態でケンカにならないはずがありません。

 

当時、私と兄は小学生でした。声をあらげる父親とそれに、はむかう母親の中で育った兄と私は、いつしか心の中で怖いとか、悲しいと言う感情をおさえることで、そこに踏みとどまっていました。

 

子供ながらに、自分の感情を封印することで、そこに居るしかないと思ったのでした。
私は、こんな状況でしたので、学校の勉強もさっぱり出来ませんでした。

 

でも、兄は頭が良かったのを覚えています。
私が12歳の時に、両親は離婚しました。母親は実家に帰りました。

 

母親の実家は東京ではなく、関東でもかなりうちから遠くの方でしたので、母親のところに行くこともなかったです。
私と兄は、母親がいなくなった寂しさよりも、もうケンカが起きないといった安堵感の方が大きかったです。

 

そんな私は、中学に入学して、色々な小学校から仲間が集まってきたので、その中で子供らしい自分に戻っていくことができました。
私は、中学になってから英語が好きになり、それに伴い他の科目の成績も上がっていくようになりました。

 

中学2年生の時に、クラス替えがありました。私は隣の席になった男子に憧れの気持ちを持つようになりました。
彼は背が高く、穏やかな話し方の人でした。私は彼がいたので、毎日学校に行くのが楽しくなっていきました。
私は、彼に初恋をしました。でも、それは片想いでした。彼には同じ部活に付き合ってる人がいたからです。

 

 

私は彼への気持ちをポエムに綴っていました。そのノートを卒業の時に渡しました。
卒業してから、私たちは文通するようになりました。高校生になって映画をみたり、文化祭にいったりする

 

デートを重ねました。でも、私たちは、1年ほどで離れてしまいました。
22歳のころ、中学の同窓会で彼と再会した時に、また付き合いが始まりました。でもそのころ、彼には

 

大学の同級生の彼女がいました。
私は、そのことを後から知りました。結局その時は半年ほどで別れました。

 

3度目は、私が結婚して、子供が3歳になったころに家の中がしっくりいかなくなり、私は旦那とはもう家庭内別居状態でした。
そんな時、私は初恋の彼の夢を続けてみることがありました。私はこれは何かのメッセージだと思いました。

 

私は、占い専門誌を買うようになり、占ってもらうことにしました。

 

私が買った本のには沢山の占い師の顔写真とプロフィールがありました。その中でタロットと占星術による電話占いをしてくれる女性が目にとまりました。
私は、その人の優しそうな写真からの印象で、ウィルの申し込みを決めました。

 

 

電話は、90分でした。占星術とタロットの結果は悪いものではありませんでした。
兎に角行動をしてください。自分に信念を持てば、いい方向に行くとアドバイスされました。

 

私は、自分の心が軽くなるのなら彼に会いたいと思うようになっていたので、記憶していた彼の実家に電話をして、同窓会の相談があるという口実のもと、彼の住んでる電話番号を聞きだしました。

 

私は、彼に電話をしました。彼は、奥さんが丁度実家の親の具合がよくないとのことで、半年ほど家に居ないとのことでした。
なんという、タイミングのよさだろうと思いました。

 

私と彼は、まだお互いを心の中に引きずっていることを確認しました。


このページの先頭へ戻る